Outline


Background

材料科学は我が国が得意としてきた分野で多くの新材料開発を通じて世界の産業に貢献してきました。その材料科学はいま大きな転換点を迎えています。アメリカが進めるマテリアルゲノムプロジェクトに見られるように、計算科学を使った材料開発が加速され、自動計算や機械学習を使った材料設計が新材料を予測するまでになっています。また、既存のデータを使って新材料を予測するデータ駆動型材料開発も注目を集めています。その一方で求める機能から材料を予測する逆問題の解決法はまた端緒についたばかりです。実証データを蓄積するためのハイスループット材料実験やプロセス条件の共有化などまだ未可決の課題も山積しています。

Mission

本委員会は、学界及び産業界からのニーズの高まりが予想される先導的な研究課題について調査研究するため、日本学術振興会により「先導的研究開発委員会」の一つとして設置されたものです。

大きな転換期にある材料科学において、我が国のグローバルなポジショニングを確固たるものにすべく、材料研究の現状を踏まえ、材料開発において、今後、我が国が進むべき方向性を議論してまいります。